新刊情報 ★★★★『 来て! 助産婦さん』

kitejosannpusan “Call the Midwife: A True Story of the East End in the 1950s(来て!助産婦さん)”はジェニファー・ワースによって書かれた物語で、2002年にイギリスで出版されました。ジェニファー・ワースが本書のまえがきにも書いているように、医師や看護師が登場する話は多くありますが、助産師を扱った物語は日本でもほとんどありません。助産師の仕事はドラマの連続です。
 本書は、1950年代にジェニファー・ワースが実際にロンドンの貧困地区であるイースト・エンド地区で助産師として働いた経験をもとに書かれています。お産や合併症など助産のことだけでなく、著者が働いていたノンナート・ハウスという助産所兼修道院での生活や同僚の話、1950年代のイギリス・ロンドンのイースト・エンドに住む人々の生活などが生き生きと描かれています。
 1950年代のイースト・エンドは決して豊かではありませんでしたが、人々は明るくたくましく生きていました。魅力ある同僚たちや、イースト・エンドの人々の出産に関わる中で、主人公は助産師として成長していきます。
 今より50年以上も前のイギリスのお話ですが、助産の場面では、今の助産に携わる私たちにも共感できるお産の場の臨場感が感じられます。

本書「あとがき」より 訳者を代表して 土屋さやか

定価 本体  2500円+税  ISBN 978-4-904363-51―5 C3047
ご注文、お問合せは、本サイトのMain menuの「ご注文⇒オーダーフォーム」、「お問合せ」からどうぞ。

******【あとがき】つづき******

2012年4月、私たちは本書がイギリスのノン・フィクション部門の売り上げで1位となっていることを知りました。助産師の物語がそんなにも多くの人に読まれているなんて、初めは信じられませんでした。当時、大阪大学大学院に在籍していた私たち助産師9名は、助産師が書いた助産師についての物語ということに興味を持ち、本書を読み始めました。同じ職業の助産師として共感できる部分も多く、なおかつ、物語としても非常に面白く、ぜひ助産師にこの本を知ってもらいたい、助産師でない多くの人に助産師の仕事と助産師のドラマを知ってもらいたいという思いで翻訳に取り組みました。本書を読んでいただいた人の中から、1人でも多くの人が助産師を目指してくれれば、これ程嬉しいことはありません。

******目 次*****

Introduction序章)
Call the Midwife(助産婦さんを呼んで!)
Nonnatus House(ノンナート・ハウス)
Morning Visits(朝の家庭訪問)
Chummy(チャミー)
Molly(モリー)
The Bicycle(自転車)
Antenatal Clinic(妊婦健診)
Rickets(くる病)
Eclampsia(子癇)
Fred(フレッド)
A Christmas Baby(クリスマス・ベイビー)
A Breech Delivery
(逆子のお産)
Jimmy(ジミー)
Len & Concita Warren(ウォーレン夫妻)
Sister Monica Joan(シスター・モニカ・ジョアン)
Mary(メアリー)
Zakir(ザキール)
Cable Street(ケーブル・ストリート)
Cafe´ Life
(カフェ・ライフ)
Flight(逃走)
Sister Evangelina(シスター・エヴァンジェリーナ)
Mrs Jenkins
(ジェンキンス夫人)
Rosie(ロージー)
The Workhouse(救貧院)
The Bottom Dropped Out of Pigs(豚が大暴落)
Of Mixed Descent I(混血児Ⅰ)
Of Mixed Descent II(混血児Ⅱ)
Of Mixed Descent III(混血児Ⅲ)
The Luncheon Party(昼食会)
Smog(スモッグ)
The Flying Squad(産科救急派遣隊)
A Premature Baby(未熟児)
Old, Old Age(年老いた晩年)
In the Beginning(始まりの時)

以上