新刊情報 ★★★★★『助産師 国家試験予想問題 2020』

2020JOSANSHIここがポイント
助産師国家試験突破のコツ

Try!! 予想問題で挑戦!ここだけは覚えておこう!で完全国試対策

・98〜102回国家試験問題 解答と詳しい解説付
・新出題基準準拠 5肢2択問題を大幅に採用
・過去問の徹底分析による全出題分野より精選
・101・102回国家試験問題出題基準別「出題テーマ一覧」
・厚生労働省発表平成30年版 助産師国家試験出題基準全文掲載
・国家試験問題も予想問題も解答解説つき
・出題基準 基礎助産学 助産診断・技術学を妊娠・分娩・産褥・新生児期ごとに編集

編集・発行:助産師資格試験研究会

ISBN 978-4- 904363-78-2

定価 3800円+税

ご注文、お問合せは、本サイトのMein menuの「ご注文⇒オーダーフォーム」からどうぞ。

助産師を目指す皆様へ
「続きを読む」をクリック

助産師を目指す皆様へ

 「令和」という新しい元号がスタートしました。新しく即位された天皇陛下と皇后さまのお姿をマスコミでお見かけする機会が増え,お二人の優しいお姿は,真に平和な国日本を象徴しているようで豊かさと安心感を与えてくれます。この美しい国,「日本」に生まれたことに大きな喜びを感じ,秋に開催されるラグビーのワールドカップや来年の夏に予定されているオリンピック・パラリンピックが世界の平和をさらに推進するものになることを願わずにはいられません。
 しかし一方,その陰で痛ましい事件が相次いで起こっているのも事実です。それらの事件に幼い子どもたちが巻き込まれて,未来ある尊い命が奪われているのは,本当に惨いとしか言えず悲しいことです。このような事件が起きないためにはどうしたら良いのでしょうか。犯罪の加害者にも,この世に産声を上げた瞬間があり,誕生時は助産師の手がこの世に導きだし,新しい命の誕生を周囲の皆で祝福したはずです。生まれた時は全ての子どもが無垢な赤ちゃんであるのに,その後の成育歴や環境から偉人にもなり,犯罪者にもなると思うと「育てる」ということの責任の重さを感じます。大げさに言うと「子どもを育てる親」を育てるのが,私たち助産師の使命なのではないでしょうか。
 皆さんは「お母さんを育てる」と意識していますか。私は「乳児期は肌身離さず,幼児期は手を離さず,学童期は目を離さず,思春期は心を離さず」と母になる人に語っています。そして,身体の栄養だけでなく,心への栄養を与える事を忘れないようにと。心への栄養は「愛」であり,愛情のこもった優しい言葉かけの大切さを伝えています。
 皆さんも取り上げた赤ちゃんとママに,沢山の愛を伝えてください。新しい命の誕生に立ち会うたびに,この命が幸せに成長することを願わない助産師はいないはずです。
 皆さんが目指す助産師は,そんな素晴らしい仕事なのです。
 今年も予想問題集を編集しました。熱い夏こそ「知力」が蓄積されます。問題集を通して,新しく助産師を目指す皆様との出会いがあり,応援するために,内容を全面的に見直し,国家試験対策のエッセンスを詰め込んでいますのでご活用ください。
 来春は,皆様が助産師のライセンスを手にして社会に巣立っていかれることを心から願っています。

令和元年6月吉日
助産師資格試験研究会代表
齋藤 益子(東京医療保健大学大学院教授)